定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼より恐いぞ追証
   ■今回の用語■   追証(おいしょう)


▼いやな言葉ですね。信用取引口座をお持ちの方なら当然ご存知でしょう、今回は飛ばしてください。そうでない方はお読み下さい。よく考えるとこれまで取り上げていませんでした。

▼筆者も食らったことがあります・・・忘れもしない2003年10月23日。メガバンがそろってストップ安した時です。あぁ、あの頃は若かった。

▼正式名称は、追加証拠金(の差し入れ)です。株式の信用取引で、建て玉(たてぎょく:信用取引でつくったポジションのこと)や担保にしている有価証券の価値が下落し、追加入金しなければポジションを維持できなくなった状態を指します。

▼例えばある証券会社の場合、信用取引の建て玉は担保価値を30%で除した額までOKです。例えば担保が100万円ならば約333万円まで信用取引でポジションを持つことが(現行制度では)出来ます。

▼この証券会社で最低保証金維持率が20%と決められているとすると、約333万円の制限ギリギリまで建て玉を持っている場合、333万円X20%=約66.6万円まで証拠金価値が下がるまでポジションを維持できます。つまり100万円-約66.6万円=33.4万円の含み損まで許容範囲ということです。

▼逆に言えば333万円の建て玉が33.5万円の含み損になり299.5万円の価値しかなくなった時に、追証が発生するのです。追証の発生は当該日の大引け後の値洗いで算定されます。

▼一般に追証が発生すると、信用建て玉制限である30%になるように追加で入金しなければなりません。前述の例で言えば、33.5万円になります。100万円をタネにで取引していてその1/3にあたるお金を別途準備するのが、いかに大変なことなのかお分かりになるでしょう。これは1億円を証拠金にしている場合も当然同じです。

▼入金の期限は受渡日ですから3営業日後です。もし相場が反転して含み損が減ったとしても、一度発生した追証は取り消しされないので必ず新規に入金しなければなりません。

▼また証拠金が現金でなく株式であった場合、一般に株式の現在価値X80%の証拠金相当として計算します。ですから追証が発生しそうになったらその担保株式を売却するだけで、証拠金額が2割増加します。しかし追証が発生してしまう(=当該日大引け後に通知をもらう)と、売却できるのは翌日です。その受渡日は同じく約定日の3日後ですから、2割増加するタイミングが1日遅れになり間に合いません。

▼よって今回のように相場全体が急落した場合、まず担保になっている株の換金売りが”当日”に出ます。そうしないと回避策として意味がありません。

▼不幸にも今回のように連日急落すると、担保価値が2割増加したぐらいでは追いつかなくなります。もう入金しかありません。それが準備できなければ自ら損切りするか、入金が確認できなかった証券会社による強制決済となります。辛い

▼結構強制決済を待ってしまう人がいるのは、少しでも先延ばしにしてその間の相場の好転を祈っているからです。損切りすることが決定しているにしても、戻った後なら損害が少なくなる可能性がありますからね。勿論戻る保証はなく、傷が深まる可能性もあります。

▼このため相場の低迷が続いた場合俗に言う”追証の投げ”といわれる売りが、クリティカルな下落のあった3営業日後の後場寄付あたりで出ます。朝一が入金の締め切りなので、そこで確認できなかった証券会社が強制的に建て玉を決済するのはこのタイミングになるのです。

追証は悲惨です。100万円の資金が66.5万円に激減する取引を強制されるのです。そうならないようにマネジメントすることが何より重要なのは言うまでもありません。

▼ちなみに追証を放置して強制決済になると場合によっては口座閉鎖を食らうこともありますから、出来るだけ自発的に投げ売りしてください・・・。


   ▼信用取引の全面規制
    http://yasuyuki.blog35.fc2.com/blog-entry-88.html


   ▼身近な専門家と話をしながら、自分の資産運用を考えてみたい
    http://www.lifemoney-clinic.net/campaigns.html

    個別投資で失敗を重ねている方に厳しく指導することも出来ます

    近頃ちょくちょく東京都内でも面談しています
    まずメールでのご質問からどうぞ
    http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P71935214
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yasuyuki.blog35.fc2.com/tb.php/196-3ef21348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。