定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX取引をする上で絶対知っておきたい基礎知識
 ●一気に資産を増やしてみたい方
────────────────────────────────────


FXシリーズ15回目。最終回です。

「簡単に儲かるFX取引!」なんていうブログや情報商材があふれている事がきっかけでスタートさせたこのシリーズ。連載の間に見事、誰でも勝てる異常な時期は終わりました。まぁそれなりに知識のある人なら容易に想定できたことなのです。

昨年末あたりからの円高基調を的中させたと誇る業者がいたら、FXは簡単と煽った業者と同じくらい疑ったほうが良いでしょう。

さて、最後にFXや外債投資など為替リスクに関わる基本的なお話をします。割と忘れられがちですがとても重要な2つのポイントです。

★価格変動リスクと為替変動リスクは質が大きく異なる

端的に言うと、株や債券の価格変動リスクは長期投資で(リターンあたりの)リスクを低減できます。単純な数学の話です。議論の余地はあるものの「世界経済は成長する」という神話を前提にするなら、それに連動して動く(=インフレヘッジの期待できる)投資先の価値は上昇せざるを得ません。

一方為替は通貨間の相対的な変動ですから、「アメリカの経済的地位は低下し続ける」なんていうことが信じられない限り、その中長期での変動を予想することは出来ません。であれば、長期投資によってリスクが低下することはないのです。

為替リスクは相場次第なので、タイミングがきわめて重要なんです。

★高金利通貨は安くなる

未だに豪州ドル(オジー)やNZドル(キウィ)の人気は高いのですが、高金利はその通貨の弱さの裏返しです。円キャリートレードが流行したことで低金利通貨国から高金利通貨国へ資金が流出する(=高金利通貨国の価値が上がる)ことが当たり前のように考えられていますが違います。

よく考えれば判ります。もし高金利通貨が高くなるのなら、どの国も高金利に争って誘導するでしょう。そして価値の上がった自国通貨で、海外の資産を買いまくればウハウハです。しかし実際にはそうなりませんよね。

グローバルマネーの思惑で一時的にそうなること(例えば去年)はままあります。ただそれがあるべきレベルから乖離した瞬間に(例えば今年)強い反動が来ます。

やはりタイミングが重要であることを示しています。

我々FPは為替相場の先行きを予想し的中させることを仕事にはしていません。現在がどういうタイミングかを掴み、この時期にはどうすれば顧客資産を安全に運用することが出来るかをアドバイスします。

願わくは、みなさんがそれ相当のスキルやセンスを身につけられんことを。


────────────────────────────────────


  ▼FXシリーズのまとめ
   http://yasuyuki.blog35.fc2.com/blog-category-6.html
   下の方から読みます




  ▼姉妹紙の『知らないと危ない株式投資用語』を読んでみる
   http://www.lifemoney-clinic.net/magazine2.html

   リスクとリターンのバランスを考えると、資産形成の手段として
   最有力はやはり株式です。都合よく日本株が急落しました。
   新規参入チャンスです強調文
スポンサーサイト

テーマ:本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yasuyuki.blog35.fc2.com/tb.php/190-cfc0a9c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。