定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変額個人年金を相続対策に使うということ
 老後を守るテクニック        ~FPが現場で実際に発した一言~
                    1億円達成を急ぐ人へのコラムも
\__________________________________/
        新装 家計を助けるやさしい投資術 第44号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今回の分野:変額年金保険
────────────────────────────────────
 ●相続時の生命保険金非課税枠には上限がある
  …………………………………………………………………………………………
 ●やりとり:

 「相続税対策で変額年金保険に加入しました」

 「なるほど、保険金額はいくらにしましたか?」

 「2000万円です」

 「ほうほう、5人家族だからぴったりですね」

 「ぴったり・・・?」

 「他に加入している生命保険はないですよね」

 「えっ、ありますが」

 「んー、どんな保険ですかね」

 「医療保険と・・・」

 「はい、はい、医療保険は関係ありません」

 「65歳までの定期保険です」

 「でしたら長生き前提でOKですね」

 「はぁ」

 「当たり前ですが生命保険の非課税枠には上限があります」

────────────────────────────────────
 ●テクニック
────────────────────────────────────


▼「ぴったり」というのはこういうことです。

▼現行相続税法では、生命保険金に対して”500万円X法定相続人”の金額につき、非課税枠を設けています。5人家族であれば一般に自分以外に、妻+3人の子供でしょうから500万円X4人の2000万円につき、相続時に税金がかかりません。

▼それ以上の金額は(必要があれば)課税対象となります。例えば「65歳の定期保険」に2000万円加入していて63歳で死亡した場合には、2つの保険金を合算すると4000万円になりますから、2000万円分は枠を超えますね。つまり相続税の節税対策としては意味がないということです。

▼「長生き前提」なのはそういうことで、65歳を超えたらば定期保険では1円も保険金は入りませんから、まぁ、無駄になる可能性は低いと担当FPは考えたのです。

▼逆にもしこれが定期保険ではなく2000万円の終身保険ならば、今回加入した変額年金保険は節税対策としてはムダということになります。

▼生命保険の相続税対策的側面を強調して販売されることも多いのですが、節税メリットとしてはその程度です。そもそも相続税対策の必要なくらいに資産のある方は、既に2000万円程度の保険には加入済みのことが多いものです。

▼既加入の生命保険額を聞かない、あるいは分かっていて節税商品として変額年金保険を売り込むダメ営業職員はいないとは思いますが、知っておいて下さい。

▼一方、相続税は現金で納付するのが原則ですが財産が家屋など換金し辛いものだった場合に、生命保険を活用することはあります。死亡保険金などで現金を準備するツールとするのです。

▼また生命保険は、「相続税の課税対象だが、相続財産ではない」という特徴があります。相続税を計算する際に非課税枠を除いた金額につき、他の相続財産と合算します。これから基礎控除などを差し引いた課税遺産に税率を乗じたのが相続税額です。

▼ただ、生命保険は”相続財産”ではないので、その他財産と異なり財産分与の対象とならず、保険金受取人がストレートに事実上の相続人になります。

▼例えば、老後の面倒を最後まで見てくれそうな次男にその感謝の意味を込めて多くの財産を残してやろうと考えるのなら、生命保険に加入し次男を保険金受取人にすればよいのです。

(変額)年金保険はその他保険に比べて健康に関する条件が緩やかなので、それなりの年齢になってからの加入が可能です。相続対策が必要な人に(のみ)高齢者が購入を検討する価値のある商品なのです。


────────────────────────────────────

  
  ▼変額年金保険を相続対策に利用したい方
   http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P71935214
   お勧めはしませんが、上記以外に節税に使う方法もあります


  ▼具体的な相談メニューはこちら
   http://www.lifemoney-clinic.net/contents.html

   遠方からのご依頼も承りますので、一度カタチにしてみましょう
   何をどうするのがベストなのか知りたい方はご相談下さい
スポンサーサイト

テーマ:損害保険・生命保険 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yasuyuki.blog35.fc2.com/tb.php/182-4edfc461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

郵便局の個人年金

郵便局の個人年金をざっくり調査。国民年金プラスアルファを探る。 郵便局の個人年金【2006/12/06 15:59】

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。