定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて変額年金保険を買うときのテクニック
 老後を守るテクニック        ~FPが現場で実際に発した一言~
                    1億円達成を急ぐ人へのコラムも
\__________________________________/
        新装 家計を助けるやさしい投資術 第43号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今回の分野:変額年金保険
────────────────────────────────────
 ●最も高リスクの特別勘定をあえて選ぶ
  …………………………………………………………………………………………
 ●やりとり:

 「最近はどこの銀行でも変額年金保険を売っていますね」

 「そうですね、商品もバラエティーに富んでいます」

 「良いものもあるでしょう」

 「うーん、本質的にはまぁ同じですけど」

 「あえて選ぶとすればどんなタイプでしょう」

 「年金原資を100%以上保証する商品ですかねぇ」

 「元本確保型ですか?」

 「ビミョーに違いますが似ています」

 「投資信託の元本確保型はダメ商品と聞きましたが」

 「はい。ただ変額年金保険の場合にはコツがあります」

 「?」

 「高リスクの特別勘定を選べる商品があるのです」

 「ふむふむ」

 「あえて高リスクにすることで高リターンを狙います」

 「なかなかのワルですな」




(これはフィクションです)
 ●テクニック
────────────────────────────────────


▼ま、この変額年金保険利用方法は、自分では使いきれないほどの(金融)資産を持った方が使う方法です。誰にでも勧められるものではありませんが、考え方は参考になると思います。

▼銀行で販売されている変額年金保険の主力が、最近では年金原資の100~120%を保証するものになりつつあります。おそらく窓口ではその方が売りやすいからでしょう。このような状況は投資信託でもありました。

投資信託の元本確保型はどうしようもないダメ商品だと以前に申しました。元本が確保されいるだけで、増える可能性が低い商品設計になっているからです。しかし変額年金保険の年金原資保証型はすこし違います。特別勘定はいくつかの選択肢から自分で決める(=商品設計する)ことが出来ます。その中に大きく増える可能性のある(リスクの高い)ものが混じっています。

▼一般にこのタイプは年金原資を最低保証しないものに、特約料約0.3%程度を上乗せするようになっています。でなければ最初からこの分が保険関係費用に含まれていると考えて良いでしょう。概算可能です。

▼つまりわずか(?)な特約料と引き換えに、リスクの高い特別勘定を選んでも年金原資(事実上の元本)を確保するという約束を、保険会社がやってくれるのです。これは使わない手はありません。

▼作戦はこうです。

▼年金原資保証型の変額年金を最もリスクの高い(例えば外国株式)特別勘定を選んで購入します。たまたま運用が好調なら解約ペナルティなどを勘案しながら有利な時期に解約します。運用が不調なら死ぬまでか、年金受給開始まで放置して元本を回収します。

▼コツは年金受給開始年齢を出来るだけ遠く(高く)することです。例えば90歳とかです。短くすると高リスクの特別勘定を選べなくなる事が多いので意味がありません。

▼よって運用成績が悪いと、生きている間にこの資金は使えません。解約するのは損を確定することになりますからね。最初からお金の余った方、相続対策目的の方にしか勧められないのはこのせいです。年金保険本来の使用法ではありません(笑)。

▼実際にはこの様な利用法を保険会社も予想しています。よってどの商品でもこの作戦が有効という訳ではありません。元本割れリスクを少々の特約料で背負い込むのが危険なことは、生命保険会社もわかっています。

▼ただ競争が激しくなったり、変額年金保険がメインの会社が無理ににシェアをとりに行くと弾みで隙のある商品がでます。ラチェット型の年金保険の一部などはそうです。

▼こんな利用法を実行したいと思う方がいらっしゃればご相談下さい。こっそりお勧め商品をお教えします。

▼あえて難点を言えば、年金原資がマイナスの時のリスクを販売保険会社が全て抱えることになるので、こちらが得な分は保険会社が丸損だという点。あまりに得すぎると保険会社の経営が傾き、約束が反故になる危険があります。特約は前回取り上げた破綻時の補償範囲すら外れますのでご注意を。


────────────────────────────────────



  ▼生命保険契約者保護機構のQ&A(破綻時の措置)
   http://www.seihohogo.jp/qa/qa18.html

  
  ▼変額年金保険の購入を勧められて悩んでいる方は
   http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P71935214


  ▼具体的な相談メニューはこちら
   http://www.lifemoney-clinic.net/contents.html

   遠方からのご依頼も承りますので、一度カタチにしてみましょう
   何をどうするのがベストなのか知りたい方はご相談下さい強調文
スポンサーサイト

テーマ:投資全般 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yasuyuki.blog35.fc2.com/tb.php/174-d74479c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。