定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変額年金保険は運用効率がイマイチ、いやイマニ
 老後を守るテクニック        ~FPが現場で実際に発した一言~
                    1億円達成を急ぐ人へのコラムも
\__________________________________/
        新装 家計を助けるやさしい投資術 第42号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今回の分野:変額年金保険
────────────────────────────────────
 ●変額年金保険はしょせん保険
  …………………………………………………………………………………………
 ●やりとり:

 「変額年金保険で選べる特別勘定にはたくさんの種類があるのですね」

 「そうですね、10以上用意している商品もありますよ」

 「迷いそうです」

 「一般の投資信託として定評のあるファンドも組み込まれています」

 「では運用成績も期待できますね」

 「まぁ、ファンドとしてはそうですが、あなたの資産は・・・」

 「?」

 「あなたが買っているのはファンドではなく変額年金保険ですよ」

 「はぁ」

 「年金保険としての体裁のためにコストがかかります」

 「それはそうですね」

 「しょせん年金保険ですから運用効率は下がるのです」




(これはフィクションです)
 ●テクニック
────────────────────────────────────


▼単なる投資信託と変額年金保険が大きく異なるのは、当たり前ですが年金保険としての機能があるかないかです。

▼主に2点あります。
 →資産の取崩を年金形式で行うことができる(投資信託は自分で解約)
 →取崩(年金支給開始)までに死亡すれば、少なくとも払込完了した額の
  お金が死亡保険金として戻ってくる


▼必要あるかどうかは別にして年金保険である以上、ついてきます。そしてそれにはコストがかかるのです。商品によって異なりますが、一般に2%~2.5%/年程度が保険関係費用として毎年(正確には日割りで毎日)持っていかれます。

▼これは大きい。

▼投資信託では一般に初回の購入手数料として1.5%~3%程度が取られるのに対して、変額年金保険には一般にそれがありません。これは年金保険が比較優位のポイントです。

▼しかしこれは一時費用、保険関係費用は運用期間中ずっと差し引かれます。また、年金受給開始後も約1%が年金関係コストとして必要になります。

▼資産の変動リスクを押さえるために、日本の株式と債券、海外の株式と債券に分散投資する手法(国際分散投資)を選択するのが一般的です。変額年金保険のパンフレットでもそれが推奨されていますね。

▼ただ過去の実績から想定されるインデックスベースの運用利回りの期待値は、ザックリ6%程度です。その1/3にも相当する2%を保険関連費用としてとられてしまうのが小さいとは言えないでしょう。

▼変額年金保険の運用効率が低いといわれるのはこのためです。あなたの選んだファンドの運用成績と同じペースで資産(年金原資)が増えるのではありません。

▼一応変額年金保険を弁護しておくと、ファンドの乗換えについて非常に低い手数料設定となっていますので、目安の”6%”より良い運用成績を目指しスイッチングする手はあります。

▼例えば去年ならば日本株に傾斜したファンド選択にしていれば6%を超える運用成績になったことでしょう。では誰がそれに必要な情報を集め判断をするのか。

▼ほとんどの場合、購入当初にファンドを選び、そのままになってます。販売している銀行などがファンドの乗換え(変更)についてアフターフォローしている、なーんて話は寡聞にして存じません。というか多分出来ないし、手数料が入るわけではないのでやる動機がありません。

▼逆にそれを自分で出来る知識や経験のある方ならば、変額年金保険の高コスト構造にすぐ気づきます。そんな商品を買うぐらいなら、自分でより良い投信などを探し・組み合わせて投資に取り組むに違いありません。

中途半端な仕組みの商品を、中途半端な知識しかない窓口販売員が売っている。そんなお寒い構造があるのです。

▼あえて言えば包括的提案の出来る独立系FPが、最も変額年金保険販売に適しています。ただ、スイッチングの巧みさで保険関連費用分を上回るのはかなり困難ですから、相続対策以外で推奨することはないんですね。


────────────────────────────────────


  ▼相続対策で変額年金保険の購入を考えてらっしゃる方
   http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P71935214

   単なる相続対策ならなじみの保険屋やそこいらの銀行でもOKです
   運用益も出来るだけ享受したいとお考えならばご相談下さい


  ▼具体的な相談メニューはこちら
   http://www.lifemoney-clinic.net/contents.html

   遠方からのご依頼も承りますので、一度カタチにしてみましょう
   何をどうするのがベストなのか知りたい方はご相談下さい
スポンサーサイト

テーマ:投資信託 - ジャンル:ファイナンス

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yasuyuki.blog35.fc2.com/tb.php/172-40d4b740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。