定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップポイントでリスク許容度が上がるFX
 ●一気に資産を増やしてみたい方
────────────────────────────────────


FXシリーズ8回目。以前にFXの特長としてスワップポイントが毎日計算されると申しました。2日後にはスワップポイントの1/365が手元に届きます

これを引き出さずにそのまま証拠金に回すことが出来ます。そうすることで複利が利くのとともに、許容できる為替変動幅が大きくなることも見逃せません。

例えば手持ちの資金が116万円で現在の為替が116円/ドル、必要最低保証金維持率が50%のFX業者を利用するとします。

前回テーマの想定レンジを99円/ドルまでと設定するなら、116÷2=58万円が最低維持ラインで、58万円÷17円(分円高)=34118なので、約3.4万ドルまでポジションを持っていてもマージンコールがかかりません・・・でしたね。

3.4万ドル分米ドルを買うということは、レバレッジは3.4倍。スワップ金利が仮に3.65%だとすると、1日あたり0.034%づつ金利収入があります。

荒っぽい計算ですが、スワップや為替が変動しないとすると180日(半年)で証拠金が6.12%増えることになります。

116万円 → 123万円です。

逆算します。
123万円÷2=約61.5万円、61.5÷3.4=18円分(円高)。

つまり半年ポジションをキープすれば約1円分円高への耐性があがり、1米ドル=98円まではマージンコールを回避できるのです。高金利通貨ロングの面白さがこんなところに。


────────────────────────────────────


  ▼この無料メールマガジンのご購読はこちら
   http://www.lifemoney-clinic.net/magazine.html

   老後を自ら守るため、株式投資以外の資産形成のコツを紹介します


  ▼「マージンコール」(復習)
   http://yasuyuki.blog35.fc2.com/blog-entry-119.html


  ▼姉妹紙の『知らないと危ない株式投資用語』を読んでみる
   http://www.lifemoney-clinic.net/magazine2.html

   リスクとリターンのバランスを考えると、資産形成の手段として
   最有力はやはり株式です。多分5月が新規参入チャンスです
スポンサーサイト

テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yasuyuki.blog35.fc2.com/tb.php/154-dae525a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マージンコール

マージンコールとは、有効証拠金が一定レベルを下回ったときに、証拠金の追加を求めたり、ポジションを強制決済したりするしくみのこと。 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識【2006/11/30 14:16】

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。