定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便局の投資信託を知る
 老後を守るテクニック        ~FPが現場で実際に発した一言~
                    1億円達成を急ぐ人へのコラムも
\__________________________________/
        新装 家計を助けるやさしい投資術 第39号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今回の分野:投資信託
────────────────────────────────────
 ●郵便局は単に投資信託を売っているだけですよ
  …………………………………………………………………………………………
 ●やりとり:

 「郵便局の投資信託は売れているのでしょうか」

 「そこそこらしいですよ」

 「運用成績はどうでしょう」

 「市場環境が良いので、野村のも大和のもGSのもちゃんと値上がりし」

 「いえいえ、郵便局の投資信託です」

 「?」

 「郵便局が売っている投資信託ですよ」

 「ですから郵便局が売っていて、3社が受託している投資信託です」

 「?」

 「単に売っているだけで、郵便局が運用している投信はありませんよ」

 「あぁ」

 「似た商品ならどこで買おうが、商品性もさほど変わらないのです」


 ●テクニック
────────────────────────────────────


▼投資信託の仕組みを知っている方にとっては冗談に見えますが、なじみのない方にとってはこんなものです。そんな客層を必然的に抱えている郵便局員の苦労を察するとともに、うらやましくもある今日この頃。

▼もともと主要な売り手であった証券会社のほかに、金融自由化によって銀行や生保・損保、昨年からは郵便局が投信を扱うようになりました。シェアでいえば既に銀行がトップです。

▼こうした多くの窓口で投信が販売されていますが、あくまで集める(売る)機能だけで当然運用はしていません。販売手数料収入(あるいは投信を継続させることの報酬)を得るのが仕事です。

▼実際の運用は投資顧問会社の指図によって行われていますから、投信の目論見書や販売パンフレットには必ずその会社名が入っています。逆に言えば販売会社はどこだって良いので、あなたがどこでその商品を買ったのかは基本的に関係ありません。

▼例えば日本郵政公社が現在取扱っている投信商品は3つです。

「大和ストックインデックス225」  (指図:大和証券投資信託委託)
「野村世界6資産分散投信」      (指図:野村アセットマネジメント)
「GS日本株式インデックス・プラス」 (指図:GSアセットマネジメント)

▼うち”野村世界6資産”は専用商品のようですが、後の2つは他の金融機関で同じマザーファンドを持つ投信が購入できます。”大和ストック”なら大和證券は勿論、たとえば栃木銀行でもソニー生命でも売っています(但し営業マンは証券外務員でなければいけません)。

▼ですから店舗が一番近いとか、営業マンがイイ男だとか、手数料が少し安いとか、そんな些細(?)な理由で買っても別にかまいません

▼さらに言えば”大和ストック”は単なる日経平均株価連動投信です。野村アセットやや日興アセットらが運用している似た名前の商品と運用成績は同じと考えてよいのです。

▼・・・ここまでの内容が当たり前すぎると思った方は投資初級者以上。少しでもピンとこない部分があればそれ未満ですから、リスク商品を買う資格が今のところありません。老後を自ら守るためには自分で勉強するか、信頼できる専門家に相談する必要があります。

▼ちなみにGSとは「ゴールドマン・サックス」のことです。念のため。


────────────────────────────────────


  ▼日本の個人金融資産は運用によってどれほど増えたのか確認
   http://yasuyuki.blog35.fc2.com/blog-entry-139.html



  ▼資産作りのプロセス
   http://www.lifemoney-clinic.net/campaigns.html

   遠方からのご依頼も承りますので、一度カタチにしてみましょう
   ご家庭の事情に合わせたアセットアロケーション作りをお手伝い
スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yasuyuki.blog35.fc2.com/tb.php/153-562c06b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。