定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカル分析
▼投資分析の世界では、ファンダメンタル分析(経済活動の基礎的要因を分析し銘柄選択などを行うこと)と対立する概念です。株価チャートなどの過去にあるパターンを基礎に、相場の先行きを予測するものです。

▼メジャーなところで、ローソク足。これとよく組み合わせて使われるものに移動平均線やボリンジャー・バンドなどがあります。

▼投資家の心理やファンダメンタル的要因も、すべて即座に市場価格に織り込まれるという前提に基づいています。ややオカルトっぽい指標もありますが、長期・短期の投資スタンスを問わず一通り知っておく必要があります。

▼なぜなら、多くの個人投資家や証券ディーラーがチェックしているからです。テクニカル指標の、指標としての合理性とは別に、それを見ている人が多い事が重要です。実際に指標の節目を使った”仕掛け”は日常的にあります。そしてその”仕掛け”は、そこが節目であることを知っている市場参加者が多数いて、リアクションがあることが前提になっています。

▼ファンダメンタル分析には情報の非対称性があります。機関投資家やインサイダーには、個人投資家はどうやってもかないません。企業の情報開示がすすんだ今日でも、超えられない壁があります。

▼一方テクニカル指標は、証券会社の取引ツール発達によって、プロの証券ディーラーが使うものと遜色なくなりました。プロと同じ情報を見られるならば、あとは知識と経験によってほぼ同じ土俵で戦えるようになります。これが今日、稼げる個人デイトレーダーがたくさん存在する大きな要因です。

▼使い道は主に2つあります。投資銘柄のスクリーニングと投資(あるいは手じまい)タイミングの決定です。特に投資・手じまいタイミングをテクニカル分析ではかることは重要です。思うに、それなしできちんと損切りすることは不可能に近い。損切りが下手=利益が出ない、が常識だとすると、テクニカル分析が出来ない=利益が出ない、と考えられるからです。

▼次回からしばらく、よく使われるテクニカル指標を取りあげます。
スポンサーサイト

テーマ:投資・資産運用の基礎知識 - ジャンル:株式・投資・マネー



プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。