定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼より怖いマージンコール(追証)
 ●一気に資産を増やしてみたい方
────────────────────────────────────


FXシリーズ3回目。

今回は鬼より怖い(?)「マージンコール」、追証(おいしょう)です。

為替相場が予想と反対の方向、例えば”円売米ドル買”ポジションならば円高に進めば、手持ちドルの価値が下がり証拠金が目減りします。

その価値下落により証拠金額が前回取り上げました「最低必要保証金維持率」を下回り、「マージンコール」が発生した時の対処方法は主に2つあります。

1つは現金(証拠金)を追加投入して維持率を上回る状態にすること。これが基本です。

もうひとつはポジションを減らしたり、解消(閉じる、とも)することです。

ちなみに無視して放置すると業者が任意のタイミングで適当なポジションを強制決済してしまいます。

出来るだけ「マージンコール」状態の解消は、追加入金で対処したい(無論発生させないのがベスト)。一度ポジションを縮小すると取り返すのが非常に難しいのです。

例えば、100円/ドルで証拠金20万円を元にドル買ポジションを2万ドル(レバレッジ10倍)取ります。最低維持率は50%超とします。

5%の円高、95円でマージンコールがかかり、ポジションを全て閉じます。残った証拠金は10万円だけです。

さて、これを取り返すためにもう一度挑戦しますが、10万円しかありませんから95円/ドルでも1万ドル強しか保有できません。すると損した10万円を取り返すには、およそ10%の円安が必要になります。

ツラい。

仮に4万円追加入金出来れば、2万ドルのポジションを保持できますし94円まで円高となっても耐えられます。

FXが株式と違うのは、価値がゼロになる可能性が事実上ないことです。資金に余裕を持たせておき、ナンピン買い下がりするのは有力戦法です。

ちなみに、稀に「マージンコール」の仕組みのないFX業者がありますが、絶対に避けてください。無理やりポジションを解消されない代わりに、自分で全て管理していないと最悪借金することになりますよ。

ある意味人生を棒に振らないための安全装置にもなっているのです。


────────────────────────────────────

 
  ▼ナンピン買い下がり
   http://yasuyuki.blog35.fc2.com/blog-entry-31.html


  ▼この無料メールマガジンのご購読はこちら
   http://www.lifemoney-clinic.net/magazine.html

   老後を自ら守るため、株式投資以外の資産形成のコツを紹介します


  ▼姉妹紙の『知らないと危ない株式投資用語』を読んでみる
   http://www.lifemoney-clinic.net/magazine2.html

   リスクとリターンのバランスを考えると、資産形成の手段として
   最有力はやはり株式です。
   
スポンサーサイト

テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yasuyuki.blog35.fc2.com/tb.php/119-ef287416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。