定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジと最低必要保証金維持率とは何か
 ●一気に資産を増やしてみたい方
────────────────────────────────────


引き続きFXシリーズ2回目。取引における基本中の基本用語になります。

「レバレッジ」と「最低必要保証金維持率」

「レバレッジ」とは”てこの原理”のてこ、のことです。少ない資金で大きな取引を行うことを指します。

例えば、100円/ドルの時で1万ドル分の取引を行うのに、10万円の証拠金だけで相場を張ることが出来るのであれば、レバレッジは10倍です。5万円なら20倍です。勿論、レバレッジ上限にする必要はありませんから、5倍や1倍でも良いのです。

上記のケースの場合、レバ(と、レバレッジをよく略します)を10倍とし、100円/ドルが110円へと10%円安に振れたとします。10万円だったあなたの資産(証拠金)は決済すれば倍の20万円になります!

10%X10倍(レバレッジ)=100%増、なんです。

逆に100円/ドルが10%円高になって90円/ドルになると・・・持ち金はゼロ。オケラになります。

いや、ゼロやマイナスになるのはまずいので、どの業者も「最低必要保証金維持率」を設けています。これを下回ると警告が来ます。

例えば維持率下限を50%以上としている業者なら、上記のケースでは10万円の証拠金が5万円になる水準、つまり95円を超える円高になった時、

「お客様、為替変動により証拠金が不足しています!!」

と業者から連絡が入ります。これを「マージンコール」といいます。


────────────────────────────────────


  ▼この無料メールマガジンのご購読はこちら
   http://www.lifemoney-clinic.net/magazine.html

   老後を自ら守るため、株式投資以外の資産形成のコツを紹介します
スポンサーサイト

テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント
ぜひご覧下さい
はじめまして。突然ですが、短期間でちょっとお小遣いを稼ぐ方法をご案内しております。興味がありましたら、メールアドレスに、空メールをお送り下さい。折り返し、詳細の案内をお送りいたします。是非、一読してご検討下さい。よろしくお願いいたします。
chi_cor_206@mail.goo.ne.jp
【2006/03/16 01:37】 URL | ちょっとリッチ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yasuyuki.blog35.fc2.com/tb.php/115-377bec63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。