定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカル分析
▼投資分析の世界では、ファンダメンタル分析(経済活動の基礎的要因を分析し銘柄選択などを行うこと)と対立する概念です。株価チャートなどの過去にあるパターンを基礎に、相場の先行きを予測するものです。

▼メジャーなところで、ローソク足。これとよく組み合わせて使われるものに移動平均線やボリンジャー・バンドなどがあります。

▼投資家の心理やファンダメンタル的要因も、すべて即座に市場価格に織り込まれるという前提に基づいています。ややオカルトっぽい指標もありますが、長期・短期の投資スタンスを問わず一通り知っておく必要があります。

▼なぜなら、多くの個人投資家や証券ディーラーがチェックしているからです。テクニカル指標の、指標としての合理性とは別に、それを見ている人が多い事が重要です。実際に指標の節目を使った”仕掛け”は日常的にあります。そしてその”仕掛け”は、そこが節目であることを知っている市場参加者が多数いて、リアクションがあることが前提になっています。

▼ファンダメンタル分析には情報の非対称性があります。機関投資家やインサイダーには、個人投資家はどうやってもかないません。企業の情報開示がすすんだ今日でも、超えられない壁があります。

▼一方テクニカル指標は、証券会社の取引ツール発達によって、プロの証券ディーラーが使うものと遜色なくなりました。プロと同じ情報を見られるならば、あとは知識と経験によってほぼ同じ土俵で戦えるようになります。これが今日、稼げる個人デイトレーダーがたくさん存在する大きな要因です。

▼使い道は主に2つあります。投資銘柄のスクリーニングと投資(あるいは手じまい)タイミングの決定です。特に投資・手じまいタイミングをテクニカル分析ではかることは重要です。思うに、それなしできちんと損切りすることは不可能に近い。損切りが下手=利益が出ない、が常識だとすると、テクニカル分析が出来ない=利益が出ない、と考えられるからです。

▼次回からしばらく、よく使われるテクニカル指標を取りあげます。

スポンサーサイト

テーマ:投資・資産運用の基礎知識 - ジャンル:株式・投資・マネー

VWAP(売買高加重平均価格)
▼ブイワップ、と読みます。Volume Weighted Average Priceの略で、対象となる時間に取引所で成立した価格を、価格ごとの売買高で加重平均した価格のことです。

▼デイトレードではもちろん、短期トレードでももっとも重要な指標になります。株価が当日のVWAPよりも上で推移しているか、VAWPのトレンドが上向きか下向きかは、短期の需給を判断する有力な材料です。

▼そうなるのには構造的理由があります。機関投資家などの大口注文の多くは、当日のVWAPをベースに立会外でなされるからです。注文を受けた証券会社は、立会時間中に必要株数をコツコツ買い(または売り)、VWAPにあらかじめ決めて置いたスプレッド(手数料)を乗っけて渡します。

▼さらにVWAPで渡す事が決まっているわけですが、ブローカーが買い集めた価格がVWAPよりも有利であれば、それが証券会社の懐にはいります。もちろん不利ならば損です。よって大口注文が執行されるときは、VWAPの動きに左右されやすいのです。

▼例えばVWAPのトレンドラインが上向きで、日中に株価が下がり気味になって現在値がVWAPに近づいてきたとします。そのときVWAPの値から0~2ティック上でしつこく買う人がいると、大口の買い手が存在する可能性があります。特に5や10の倍数でまとめて買うとなるとかなりクサイ。逆にVWAPに沿って売られると、大口の処分売りが疑われます。

▼以前にコバンザメ投資法を紹介した際に引けギャラにふれました。ただ、あの場合はパッシブ運用に起因する特殊条件があります。一般的な大口の買い付け・受け渡しでは、引け値ではなくVWAPが主流です。

▼言うまでもなく、短期の株価は需給できまります。買わなければならない人が売りたい人よりも多ければ、騰がらざるをえません。どうしても買いたい人がいるならば、その銘柄の株価は上昇です。これが発見できれば勝率はかなり高まるでしょう。

▼機関投資家は買うと決めたら、よほどのことがない限り予定株数を買い付けます。しかも大量に買う場合は数日にわたって注文が執行されますので、そんな銘柄が発見できれば儲けものです。彼らは最初から短期の損得は関係ないので、これに乗じて短期で利ざやを稼いでも心は痛みませんよね。

▼マーケットスピードでは「投資情報」-「個別チャート」の「ティック」で見ることが出来ます。デフォルトでピンクのラインが1日のVWAPラインです。

テーマ:投資・資産運用の基礎知識 - ジャンル:株式・投資・マネー

マーケットメイク銘柄
▼ご承知の通り日本の株式市場での取引には、原則”値幅制限”があります。その例外がジャスダック市場のマーケットメイク(通称:MM)銘柄です。先日”萌え”関連で物色されて、1日で倍以上の株価になったブロッコリー(JQ2706)はこれにあたります。

▼ジャスダックのHPからその解説を引用します。「マーケットメイク制度では、マーケットメイカー(証券会社)が投資家の注文の相手方となり、売買を成立させます。マーケットメイカーは、投資家に対して売買に応じる価格と株数を常時提示する義務があります。注文同士の競争売買であるオークション方式では、売り・買い両方の注文がなければ、売買が成立しません。マーケットメイク方式では必ず売買の相手方となるマーケットメイカーが存在しますので、”投資家はいつでも売買ができる”という環境が提供され、いつまでたっても売買ができないという機会リスクがない売買手法です」。

▼いつでも売買できる、ということは値幅制限がないということです。必然的にボラティリティ(変動)があがり、デイトレーダーが好みそうなのですが実際にはそうではありません。MM銘柄を最初から投資(投機)対象からはずしているこ人が多いです。

▼理由の一つは板情報、つまりオークション方式(一般の売買)取引において需給を読み取る最も重要となる情報が、MM銘柄には存在しないからです。売り手と買い手の指し値(気配値)が示されますが、それをじっと見ていても何もわかりません。一応証券会社毎の売りと買いの注文数も出ていますが、あてになりません。自分で発注してみるとわかりますが、リニアに反映されません。マーケットメーカーが介在しているからです。

▼端的にいえば、売買気配値など価格形成にマーケットメーカー(証券会社)の悪意(善意)が混入している疑いがぬぐえないのです。気配値が実需(買いたい投資家がいる)なのか、証券会社が義務で出しているのか全くわかりません。特に参加証券会社の少ない銘柄だと、どうにでもなるのです。スプレッドといわれる売り気配値と買い気配値の差が大きすぎるのも、不安感を高めます。

▼これらはあくまで筆者の周りで共有されているイメージです。長期的な価格形成では影響は小さいかもしれませんし、MM銘柄からオークション方式に昇格(?)したとき人気が出ることもあるので、優良銘柄を仕込んで保有する作戦はあるかもしれません。取引上手のデイトレーダーが参入してこないので、逆に意外な必勝法が生まれる可能性がないともいえません。

▼MM銘柄には値幅制限がないと申しましたが、あまりに過熱した場合には取引所がサーキットブレーカーといわれる取引停止措置をとることがあります。参加者に頭を冷やす時間を与えるためですから15分程度です。さっきまで盛んにピコピコしていた気配値が止まった場合はこれだと考えられます。

テーマ:投資・資産運用の基礎知識 - ジャンル:株式・投資・マネー



プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。