定年を前に老後を心配して資産運用を考える日々
長生きしたら資金が足りなそうなので、投資の勉強をして退職金の資産運用で食いつなごうと考えるオヤジの日々をつづります。FP(ファイナンシャルプランナー)を名乗る息子が一応指導員です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末あたりの住宅ローン選びは難しいようだ
 老後を守るテクニック        ~FPが現場で実際に発した一言~
                    1億円達成を急ぐ人へのコラムも
\__________________________________/
        新装 家計を助けるやさしい投資術 第46号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今回の分野:住宅ローン
────────────────────────────────────
 ●今年の金利動向はビミョー
  …………………………………………………………………………………………
 ●やりとり:

 「手ごろなマンションが見つかったので買おうと思っています」

 「なるほど」

 「時期的にはどうなのでしょうか」

 「住宅は結局欲しいと思ったときが買い時なんですよ」

 「いえ、住宅ローンのほうです」

 「あー今はまだ悪くないと思いますよ」

 「いやそれがですね・・・入居は来年2月なんですよ」

 「うーん」

 「金利あがっちゃいそうですよね」

 「それもありますし、ローンのタイプが難しいですね」

 「全期間固定がベストではないのですか?」

 「正直ビミョーです」






[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

今こそ老後の心配事にならないように住宅ローンを知っておく
 老後を守るテクニック        ~FPが現場で実際に発した一言~
                    1億円達成を急ぐ人へのコラムも
\__________________________________/
        新装 家計を助けるやさしい投資術 第38号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今回の分野:住宅ローン
────────────────────────────────────
 ●固定金利と固定特約付はちがいますよ
  …………………………………………………………………………………………
 ●やりとり:

 「住宅ローン金利が上がる前にマンションを買うことにしました」

 「んー、やっぱりずっと賃貸はイヤですか」

 「はい。いまなら支払いは家賃と同じぐらいのはずです」

 「固定金利のタイプにしましたか?」

 「えぇ、1.25%の固定タイプです」

 「ずいぶん低いですね、そんな金融機関ないでしょう・・・」

 「これです」

 「・・・これは変動金利ですよ、当初3年だけ固定です」

 「!」

 「全期間の優遇幅が0.8%かぁ」

 「はぁ」




                       (数字はイメージです)

[READ MORE...]

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

金利上昇局面でつかえる(?)住宅ローンの裏ワザ
 老後を守るテクニック        ~FPが現場で実際に発した一言~
                    1億円達成を急ぐ人へのコラムも
\__________________________________/
        新装 家計を助けるやさしい投資術 第35号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今回の分野:住宅ローン
────────────────────────────────────
 ●金利上昇局面では住宅金融公庫融資と天秤にかけてみる
  …………………………………………………………………………………………
 ●やりとり:

 「今の住宅ローン金利は安いのですね」

 「そうですねぇ、数年前とは金融機関の熱心さが違います」

 「なにが変わったのですか?」

 「まず住宅金融公庫が廃止されることになったからですね」

 「なるほど」

 「企業があまりお金を借りないので、個人が有望な融資先になりました」

 「今すぐ申し込めばこの1%の金利で借りられるんですね」

 「いいえ、これは優遇幅だけ約束されているので融資日までわかりません」

 「?」

 「公庫融資は申込日の金利が適用されますが、民間は違うのです」

 「ということは、金利が上がれば1%より高くなるのですね」

 「そうです、店頭基準金利の変化幅に連動します」
 「心配ならば面倒ですが公庫にも申込んでヘッジする手もあります」

[READ MORE...]

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

日銀の量的緩和策解除は住宅ローンに影響あり
日銀がついにやりましたね。

当然ご承知とは思いますが量的緩和策の解除=ゼロ金利政策の解除、ではありません。日銀総裁が会見で強調していたように、当面短期金利(正確には無担保コール翌日物レート)はゼロ相当に誘導されます。ですから、もうしばらく短期金利に影響される預貯金金利はいまと変わらないはずです。

一方長期固定型の住宅ローン金利は上昇します。正確に言えば、3月基準は上昇しました。量的緩和政策解除の機運が高まってきた2月下旬からその影響を織り込み始め、指標となる新発10年国債利回りが急上昇し、3月3日に1.690%の直近高値をつけました。そのため2月末の数字をベースに決められる3月分の住宅ローン金利はポンと上昇したのです。

ただ、”あるいは”と思われていたゼロ金利政策解除までは、あと半年程度はあるようなので長期金利はリバウンドして一旦1.5%台まで戻りました。

急速に長期金利が上昇する懸念は一旦後退したようですね。住宅ローンの借換には、ありがたいことに猶予が与えられました。検討余地のある方は、せっかくのチャンスなので急ぎ手を打ったほうがよいでしょう。

4%もあるようなローンを抱えておくのはお金をドブに捨てているようなものです。


    ▼具体的なライフプランをFPが作成
      http://www.lifemoney-clinic.net/campaign1.html

     遠方からのご依頼も承りますので、一度カタチにしてみましょう
     まずはメールでお問い合わせ下さい。






テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ

マイホーム購入時に団信に加入しない手もある
────────────────────────────────────
 老後を守るテクニック        ~FPが現場で実際に発した一言~
                    1億円達成を急ぐ人へのコラムも
\__________________________________/
        新装 家計を助けるやさしい投資術 第20号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●今回の分野:住宅ローン
────────────────────────────────────
 ●「団体信用生命保険(団信)には、加入しない手もある」
  …………………………………………………………………………………………
 ●やりとり:

 「掘り出し物の物件があるんですが、病気したので団信に入れません」

 「フラット35や住宅金融公庫なら団信に入らなくてもいいですよ」

 「でも万が一の場合、ローンが返せなくなりますよね」

 「はい」

 「それでは怖くてローンが組めません」

 「ローンの返済をやめれば良いでしょう」

 「自己破産ですか!?」

 「いやいや、マンションを売れば借金は残りませんよね」

 「・・・」



────────────────────────────────────
 ●テクニック
────────────────────────────────────


▼当たり前ですが担保となっているマイホームの価値が住宅ローンの残債より大きくなければいけません。つまりローンを組むときの頭金が必要十分な額でないとこのテクニックは危険です。

▼奥さんが子供をつれて実家に戻って生活しても、文句を言われない環境があると現実味が高まるかもしれません。

▼団体信用保険は住宅購入時のコストのひとつですが、決してバカにならない額になります。保険(特約)料はだいたい「該当年度の元本残高の平均額÷100万×2830円」程度。

▼ざっくり言うと2000万円の融資を30年かけて返済するとすれば、合計約100万円を支払うことになります。

▼別にケチることを勧めるためにこのお話をしたわけではありません。

▼団信に加入できないことで住宅チャンスを逃し、今後消費税率上昇や金利の影響を受ける可能性が否定できないためです。次の機会には割高で魅力のない物件しかないかもしれません。

▼思っているほど人は簡単に死にません。高くもないリスクのために豊かな人生を送るチャンスを最初から捨ててしまうのは惜しい。

▼長い老後は住み心地の良いところで、と誰もが思います。

▼あなたの家庭環境や将来設計をじっくり検討し、ライフプランを練り上げることが出来れば、まだまだ沢山の選択肢が浮かんでくるのではないでしょうか。

▼満足を得るためには、知恵と工夫が必要です。


────────────────────────────────────


  ▼ライフプランはどうやって作るのか
   http://www.lifemoney-clinic.net/program.html

   独立系のFPがどのような仕事をしているのか確かめて下さい
   少々手間がかかっています・・・


  ▼とにかく自分の将来の資金繰りを確認してみたい
   http://www.lifemoney-clinic.net/consult.html

   遠方からのご依頼も承りまので、一度カタチにしてみましょう
   後は進捗をチェックすればよいだけですが、ないと始まりません

テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ



プロフィール

ヤス

Author:ヤス
もうすぐ定年で老後はのんびりしようかと思っていたら、甘いと脅されてます。仕事を手伝いながら勉強しています。つましく暮らせば大丈夫と思うのですが、なにしろ長生きの家系なもので少しだけ心配です。趣味はゴルフ。



リンク



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



yasuが持っている本


Google





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。